和紙へのこだわり

職人が1枚1枚、丁寧に漉いた手漉きの和紙を使用しています。

和紙は、越前和紙、黒谷、宇和島、吉野など現地を訪れて納得のいくものを使用。

和紙作りを体験する中で、和紙の持つ魅力を体感できます。

1枚の和紙ができ上るまでには、大変な作業があります。

沢山の方の手が、想いが、一つの作品に込められていることに気づかされます。

大切な贈り物だからこそ、材料にこだわった作品創りを目指していきたいと考えています。




額へのこだわり

淡路島にある『淡路額縁製作所』

 

一枚一枚手作業で製作されています。

 

天然木が生み出す素材の美しさ、ぬくもりや、微妙に異なる木目。

 

丁寧な作業は日本が誇る伝統文化です。



道具へのこだわり

日本一の銘石といわれる岡山県にある『高田硯』

全てが一点もの

大切に使えば一生でも二生でも使える貴重な硯

作品ごとに硯を使い分けて製作します